FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ button52.gif

国際基地とドッキング初成功

9月に商業輸送開始も

3年後有人船開発目指す・米スペースX社


 【ワシントン時事】米宇宙企業「スペースX社」の無人宇宙船ドラゴンは日本時間26日午前1時2分、国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに成功した。民間宇宙船がISSとドッキングしたのは世界初。

 ドラゴンは昨年退役した航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルの後継。オバマ大統領はISSがある高度約400キロの地球周回軌道への輸送手段開発を民間主導にする方針を明示しており、宇宙開発の商業化が加速しそうだ。

 ドラゴンはISSのロボットアームに捕捉され、ISS滞在中のNASA飛行士でシャトル元搭乗員のジョゼフ・アカバ氏によりドッキングされた。ISSの乗組員は26日、ドラゴンのハッチを開け、宇宙食など搭載物資のISSへの搬入を始める。ドラゴンは31日に切り離され、太平洋に着水する。

 X社はISSに計12回、補給物資を運ぶ契約を総額16億ドル(約1270億円)でNASAと結んでいる。NASAは今回の試験飛行の結果を検証し、問題なければ9月にも商業輸送契約の第1便としてドラゴンを飛行させる方針。

 NASAのボールデン局長は25日、「今回の成功は、米国企業に宇宙基地への補給能力があることを証明し、商業宇宙開発の新たな領域を開いた」と評価。ISSへの補給をロシア、欧州、日本に依存している現状からの脱却に期待した。

 さらに、「ISSへの輸送手段開発を民間に任せることにより、NASAは飛行士をさらに遠くの宇宙に送り込む能力獲得に集中できる」と指摘。官民で宇宙開発のすみ分けを図ることで、NASAが月以遠の惑星探査に必要な大型ロケット開発に全力を挙げられる利点を強調した。

 記者会見したX社の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏は「NASAと連携し、早ければ3年後に有人飛行能力があるドラゴンを打ち上げたい」と述べた。NASAはISSへの飛行士輸送をロシアのソユーズ宇宙船に依存しており、1人当たり6300万ドル(約50億円)を同国に支払うことになっている。

2012/05/27


少年の頃に読んだ小説が現実のものとなっていきます。

人類の未来は、宇宙で暮らすようになるでしょう。

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

Tag : 宇宙船

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ button52.gif

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

まとめtyaiました【国際基地とドッキング初成功】

9月に商業輸送開始も3年後有人船開発目指す・米スペースX社 【ワシントン時事】米宇宙企業「スペースX社」の無人宇宙船ドラゴンは日本時間26日午前1時2分、国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに成功した。民間宇宙船がISSとドッキングしたのは世界...
最新記事
スポンサードリンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロダクトクラウド
スポンサードリンク
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。