FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ button52.gif

群馬県で強制連行犠牲者を追悼

群馬県で強制連行犠牲者を追悼、「記憶 反省 そして友好」追悼碑


 (朝鮮新報 2012/5/15)

 

 日本の植民地時代に強制連行され過酷な労働を強いられて群馬県内で犠牲に

なった朝鮮人を追悼する集会が4月21日、群馬県立公園「群馬の森」にある

「記憶 反省 そして友好」の追悼碑の前で行われた。「追悼碑を守る会」が

主催。同胞、日本市民ら約160人が参列した。



 「記憶 反省 そして友好」の追悼碑は、強制連行真相調査や日朝友好運動

に携わっていた日本市民らが「真の友好のためには正しい歴史認識、心からの

反省が必要だ」との認識で2004年に建立した。日本で初めて県有地に建て

られた強制連行犠牲者の追悼碑だ。



 集会では、総聯群馬県本部の崔光林委員長と民団群馬県地方本部の柳曙永議

長、東京朝鮮人強制連行真相調査団の李一満事務局長、角倉邦良県議、石川眞

男玉村町議らが追悼の辞を述べた。また、星野已喜雄・沼田市長、新井利明・

藤岡市長のメッセージが紹介された。



 崔委員長は、日本政府は戦後67年が経とうとする今日においても、強制連

行の真相究明に誠実に取り組んでおらず、民族差別だけが引き継がれ、朝鮮学

校だけを「高校無償化」制度から除外するなど、国際的にも例のない不当で非

常な差別を続け民族教育を抹殺しようとしていると指摘。参列した日本市民ら

と手を携えて、追悼碑に込められた思いを広く伝えるとともに、日本政府の謝

罪と賠償、朝・日国交正常化の一日も早い実現と東北アジアの平和のために草

の根で活動していきたいと決意を述べた。



 犠牲者を追悼し、群馬朝鮮初中級学校生徒たちが朝鮮の童謡「故郷の春」を

歌い、参列者全員が献花した。



 運営委員会事務局から多くの同胞、日本市民らが参列したことに謝意が送ら

れ、今年度の活動に関する呼びかけがあった。



早く南北か統一されるといいですね。

もちろん平和的にです。

そのためには、日本も主体的な役割が必要と思われます。

banner_20120505181417.gif

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

Tag : 強制連行

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ button52.gif

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロダクトクラウド
スポンサードリンク
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。